朝からテンション上がる”全部のせ”フォカッチャを作ろう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
全部のせフォカッチャ

土日の朝にカフェの様な朝ごはんとか昼ごはん食べて元気出したい。
て事で、”全部のせ”フォカッチャを作りまして。
ぜひ、皆さんも作って見て欲しいのでご紹介!めちゃくちゃ美味しいです。
まず、何をもって全部のせ?大げさな。。。
朝のモーニングプレートに乗ってそうなものを全部乗せてやっただけの話。

全部のせフォカッチャ
生ハム、ウインナー、ベビーリーフ、カッテージチーズ

材料

フォカッチャの生地 今回は前の夜に仕込んどく微サフタイプの生地。1次発酵が8〜10時間程するので小麦の香りや味が引き出されて美味しい🎶
  • 強力粉…130g
  • 薄力粉…120g
  • 水…160cc
  • オリーブオイル…20g
  • ドライイースト…0.8g
  • 砂糖…10g
  • 塩(岩塩が美味しい)…3g程度
  • 溶けるチーズと塩オリーブはお好みで
焼きあがった後、のせる具材は、お好きなものを!!

作り方

  1. 強力粉、薄力粉、水、ドライイースト、砂糖、塩、オリーブオイルをHB(ホームベーカリー)に入れて5分ほど、こねさせる。もちろん自分で生地の表面が満遍なく滑らかになるまで捏ねてもOK。
  2. そのまま生地をボールに入れて、蓋をして放置。季節にもよるけど、20度くらいの気温なら6〜8時間、真冬なら8〜10時間程度。生地ががっつり2倍から2.5倍に膨らむまで放置
  3. 朝起きて、ちょうどいい感じになってます。パンマットなどの上に生地を出して、軽く押さえて、ガス抜きし、丸めてボールを被せて15分生地を休ませる。
  4. 15分経ったら、生地を伸ばしていく。クッキングシートを敷いた上に生地をのせ、オーブンの天板の大きさに四角くても、丸くてもいいので伸ばす。綿棒を使ってもOK。
  5. フォカッチャ
  6. 天板の大きさに伸ばしたら、オーブンの発酵機能を使って35度で30分程度。無ければできるだけ暖かい部屋で濡れ布巾を被せ、一回り生地がぷっくりするまで放置。
  7. 生地が一回りぷっくりしたら、指先にオリーブオイルを塗って均等に間をあけて、穴を開けていく。(当たり前やけど、貫通しない事)
  8. フォカッチャ
  9. その上に溶けるチーズ、岩塩、塩オリーブの輪切りを適量乗せ、220度に予熱したオーブンで20分ほど焼成。
  10. フォカッチャ
  11. 焼きあがったら、ベビーリーフや、ハム、目玉焼きなどを乗せてお好きな大きさに切っていただく!
上の具材を平等に分ける切り方😄
オープンサンドみたい。。
クッキングシートが写りこんでる!!😓

野菜もタンパク質も、炭水化物も一気に摂れちゃうやつね。
美味しいし、ぜひ作って見てくださいね!

先日、私ごとではありますが、行きつけの美容院で毛染めとカットしに行ったのですが、その時の出来栄えをインスタであげてくださいました。
こんなババァを、、、有難う。お役に立てるならいくらでもどうぞって感じ。

この歳でコテ買っちゃったよ。

ここの美容院さん、もうかれこれ数年家族で利用させていただいてて、いつもきっちり仕事してくれるのに、めちゃくちゃ気さくで安心感があります。
お若いご夫婦で運営されてて、男性は旦那様、女性は奥様が切ってくださいます。年配の方はおじいちゃんが切ってくれますよ〜


価格帯もリーズナブルで、奈良県にお住いの方はぜひ行ってくださいて思います。
上牧町のヘアーズクレールさん。
お電話で予約してね!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*